夜の仕事を水商売と呼ぶようになったわけ

水商売になった理由を知る

複数の理由が存在する

風俗が水商売と呼ばれるようになった理由は、複数あります。 その中に、水の流れが風俗の仕事に似ているからというものがあります。 水はスムーズに流れる時もあれば、滞ることもあります。 その様子がお客さんの入っている時と、いない時の風俗店によく似ていると言われます。

水のような商売という理由

キャバクラやソープなどは、たくさんお客さんが入れば多くの利益を得ることができます。
しかしお客さんが来なければ逆に、損失が大きくなります。
安定していない部分が、流れる水のようだと言われているので風俗は水商売と呼ばれるようなったと言われています。
水はスムーズに流れる時もありますが、うまく流れなかったり、わきにそれてしまうことがあります。
風俗の経営がその様子に、そっくりだと言われています。

風俗ではお客さんにアルコールを提供しています。
アルコールをそのまま出すのではなく、水で割ります。
そのため、風俗店にはたくさんの水がストックされています。
水をたくさん使う仕事だから、水商売と呼ぶようになったという説もあります。
ソフトドリンクを用意している風俗店もありますが、やはりお客さんが注文する多くはアルコールです。
水を入れすぎると味に問題が出るので、正しいアルコールと水の分量を知ってください。

昔、まだ日本が江戸時代だったころです。
芸妓が泥水稼業と言われていました。
そこから水商売という言葉がきているとも言われます。
水商売の語源が、江戸時代まで遡るとは驚きですね。
遊郭にいる遊女も、泥水稼業と言われているようです。
そのような理由があって、風俗など夜の仕事は水商売と呼ばれています。
今まで何気なく水商売という言葉を使っていたでしょうが、きちんとした理由がると覚えておきましょう。
知らなかった知識を知るのは、楽しいですね。

アルコールを提供する方法

お客さんがアルコールを注文した時に、みずを使って割ります。 それが理由で、風俗のことを水商売と呼ぶようになったという説も存在します。 多くのお客さんがアルコールを注文するので、水をたくさん使います。 おいしく水割りを作れないと、お客さんが怒ってしまいます。

昔の日本にまで遡る

江戸時代には、芸妓と呼ばれる女性たちがいました。 今でいう、風俗のような仕事をしていました。 女性たちは泥水稼業と呼ばれていたこともあり、今の風俗のことを水商売と呼ぶようになったという説があります。 昔から風俗関係の女性は、水に関係ある名前を付けられていたようです。

TOPへ戻る