夜の仕事を水商売と呼ぶようになったわけ

水商売になった理由を知る

>

複数の理由が存在する

不安定な収入という部分

水の流れをイメージしてください。
うまく流れる時もありますが、滞ることもあります。
いつもスムーズに流れるとはいきません。
風俗も、実は同じです。
お客さんがたくさん入る時はお金を稼ぐことができますが、一転してお客さんが来なくなると、経営が厳しくなります。
お金の流れが水の流れに似ているから、風俗は水商売と呼ばれるようになったと言われています。

お客さんがたくさん入っていても、油断できません。
たくさんの風俗店があるので、油断しているとすぐにお客さんを取られます。
取られないように、様々な工夫をしている風俗店が多いです。
女性がコスプレをしたり、特殊な道具を使ったりして男性を飽きさせません。
ずっと楽しませています。

たくさん稼ぐ風俗店がある

お金をたくさん稼ぐ風俗店は、激流のようにお客さんが流れます。
高級店と呼ばれる風俗は、利用料金が他のお店に比べて高いです。
しかしその分見た目が綺麗な女性を揃えていたり、サービス内容が充実しているのでお客さんがたくさん訪れます。
ですから激流のように、お金が回ります。

しかし中には、高級店と呼ばれていないお店でも、いつもお客さんやお金の流れがスムーズなお店が見られます。
それはお客さんがどうしたら喜んでくれるのかを、真剣に考えているからです。
また常に進化しているお店も、お客さんお流れが良いと言われます。
毎回同じサービスでは、いずれ飽きてしまいます。
飽きさせないため、新しいサービスをたくさん生み出しています。


TOPへ戻る