夜の仕事を水商売と呼ぶようになったわけ

水商売になった理由を知る

>

アルコールを提供する方法

水でアルコールを割る方法

キャバクラやガールズバーといった種類の風俗では、お客さんにアルコールを提供します。
その際は水で割るのが一般的な飲み方です。
いつお客さんにアルコールを注文されても良いように、水をたくさん備えています。
水を使う仕事だから、またお店にたくさんの水をストックしているから、風増店は次第に水商売だと呼ばれるようになりました。

アルコールが飲めない人もいるので、そのような人にはソフトドリンクか、ミネラルウォーターをそのまま出すようです。
お店によって揃えているアルコールの種類が異なりますが、数種類用意するお店が多いです。
同じ種類のお酒でも、飲み方がたくさんあります。
どんな飲み方があるのか、調べるのもおもしろいですね。

正しい割り方を勉強しよう

これからキャバクラやガールズバーなどお客さんにアルコールを提供する場所で、働こうと思っている人がいると思います。
その場合は、正しいアルコールの割り方を覚えてください。
水が少なすぎると、味が濃くなってしまいます。
逆に水が少ないと、薄味になるのでおいしくありません。
水商売を繁盛させるためには、おいしいアルコールをお客さんに提供しなければいけません。

働く前に、正しい水の分量を知ってください。
勉強していれば、間違えることはないと思います。
水商売の世界で生きていくために、勉強しなければいけないことがたくさんあります。
わからないことは、すぐ周囲の人に聞きましょう。
すると解決できるので、スムーズに働けます。


TOPへ戻る